ブロスのスタッフによるページです

□社長のこと 1     M.S.

○月×日

はじめに



ブロスに入社して2年になる。前にいた会社と違ってブロスは小さい会社だが、前の会社にいた6年間よりも、ブロスの2年の方がずっと濃い。

それは、社長の人柄のせいなのだろうと、このごろ強く思う。

ブロスのホームページは、社長の担当なので、社長の特長が出て切れ味はよいが、すこし硬すぎると思い、社長にそのことを伝えたら、自分でページを作ってみろということになった。

違和感を覚える方もいらっしゃると思うが、社内では徳武社長のことを先生といわず、社長と呼んでいる。これは、ワタシが入社する前からの習慣のようで、本人が先生と呼ばれるのを嫌うせいかもしれないが、理由はまだ知らない。この文章の中でも、呼び慣れた社長と言う呼称を使うつもり。

ここではブロスの日常や、社長の人となりを少しでもお伝えできたらよい、と考えている。

ただ、文章をつづり慣れないので、日記形式としました。





○月×日

社長はよく働く。朝は苦手だと言って、10時ぎりぎりにならないと出てこないが、夜はだいたい午前様。
その上、必ず毎日、家に帰ってダイニングテーブルで、原稿書きやエスキースをしているそうだ。(奥様談)
だいたい3時から6時の間に寝るそうで、一番調子がいいのは6時間睡眠だという。少なければ体調が悪くなってくるし、それより多いと昼間眠いそうだ。

社員全員の去年のタイムシートを集計したが、長期休暇を除くと社長は1年間で8日しか休んでいない。特に後半の6ヶ月は3日というハードワークだ。

12月の労働時間は○○○時間に及ぶ!(労基署から呼び出されるか、主治医に怒られるかするから伏せ字にしろと社長は言う。社長は胃潰瘍だ。)

伏せたところで、一日10時から4時まで食事を除いて16時間働き、それを30日間続けたと考えればすぐに答えは出る。

週労働時間の規定など、2日でクリアすることも多いワーカホリック!




       スタッフトップへ≪     ≫つぎへ