□2019年 創立32周年を迎えて


 株式会社ブロスは今年1月、創立32周年を迎えました。

 今年は年号が変わりまので、昭和62年1月に創業した弊社は、3つの年号を跨いで存続することになります。これも皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、改めて心からの感謝を申し上げます。

 「企業寿命30年説」が言われております。いつのまにか、弊社もその時期に入りました。都市伝説では企業の寿命について、実にさまざまな数値が独り歩きしております。信頼のおける数値が無いようなので、中小企業白書から年間の開業率2.8%、見かけの廃業率6.1%を拾い、実際の廃業率をそれらを足した8.9%として単純計算をしてみました。

 起業から10年で残る会社は39%、20年で16%、30年以上存続する会社は6%となり、かなり体感に近い数値だと思います。弊社は統計上、16分の1の生存競争に生き残ったことになります。

長く続けることが目的ではない、と言えばカッコいいですが、それは結果の側から観れば負け犬の遠吠えです。安定して企業が存続してこそ、デザインや建築という、長期間携わる寿命の長い仕事に、自信を持って取り組めるのだと思います。

 しかし「栄枯盛衰は世の習い」、仏教では「諸行無常」と申します。長期的には、自分がいなくなることや会社がなくなることが問題なのではありません。それらは避けられないことだからです。

 モノを創る私たちは、自分や会社ではなく、創り出したものが世の中に残ってゆくことを目指して日々努力することが使命だと思います。人々がそこで暮らしたり、道具を使用したり、広告を見かけたりする。ひいては少しでも世の中がよくなるために波紋を残す。それこそがクリエイティビティの本質だと思うのです。

 清水寺の漢字が「災」となったように、2018年の日本は災害が多発しました。被災された皆様に改めてお見舞い申し上げます。

 被災地の復旧・復興に参画し協力してゆくことはもちろん、これらの災害で得られた知見を研究・整理して、防災の重要性を伝えてゆくことも弊社の役割であると、あらためて心を新たにしております。

 本来であれば、お世話になった皆様にそれぞれ直接感謝を申し上げるところではございますが、弊社の慣例に倣い、世界の子供達のためUNICEFに相当額を寄付することで感謝のしるしに代えさせていただきます。

 これからも株式会社ブロスと湘南住まいづくり研究所の取り組みに、どうぞご期待ください。


2019年(平成31年)1月
株式会社ブロス 代表取締役  徳武 智和





※湘南住まいづくり研究所BOTはこちら
※社長個人の映画ツイートはこちら


○参考 20周年挨拶

○参考 21周年挨拶

○参考 22周年挨拶


○参考 23周年挨拶

○参考 24周年挨拶

○参考 25周年挨拶

○参考 26周年挨拶

○参考 27周年挨拶

○参考 28周年挨拶


○参考 29周年挨拶


○参考 30周年挨拶


○参考 
31周年挨拶




≫会社概要へ

≫代表者紹介へ







徳武智和、TOKUTAKE Norikazu
弊社代表取締役
徳武智和
近影




株式会社ブロスの沿革(抄)


1987年(昭和62)1月
 デザインオフィス・タメンテ創業
 藤沢市湘南台5丁目に事務所新設

1990年(平成2)9月
 事業拡張に伴い事務所増築

1991年(平成3)4月
 株式会社ブロス設立、一級建築士事務所登録

1992年(平成4)1月
 創業5周年、以降周年事業としてユニセフ寄付を慣例化 毎年実施し現在も継続

1996年(平成8)5月
 会社HP開設

1997年(平成9)1月
 創業10周年

2000年(平成12)6月
 社屋新築準備のため藤沢市湘南台4丁目に事務所移転

2001年(平成13)2月
 社屋ビレットブロスを藤沢市湘南台5丁目に竣工

2002年(平成14)1月
 創業15周年、会社HP全面改装

2005年(平成17)4月
 湘南住まいづくり研究所を設立

2007年(平成19)1月
 創業20周年

2008年(平成20)9月
 事務所増床

2009年(平成21)12月
 事務所増床、社長室を4Fに移動

2010年(平成22)3月
 湘南住まいづくり研究所
 公式ツイッター開始

2012年(平成24)1月
 創業25周年

2017年(平成29)1月
 創業30周年



≫会社概要へ